HOME | TRAVEL TOP | HOTEL TOP | この旅行記TOP




2016年11月 マドリード&トレド旅行記

16 Dragos Restaurante


トレド散策の出発地点ソコドベル広場まで戻ってきたら、
広場から伸びているシレリア通りへ。

やや新しめの建物。 美味しそうな物はあるかな?

ランチ候補のひとつ、比較的最近できたというフードマーケットを偵察。
中に入るとピザやハンバーガー、スイーツなどいくつかのお店が集まっておりました。
普段であれば魅力的なはずですが、この時はトレドらしいものが食べたいなぁ。。
という気分だったものですから、もう1軒の候補に向かうことにぃ。



先ほどのフードマーケットと同じ通りにあるこちら、
『Dragos Restaurante』
トレドの伝統料理が食べられるとのことで、
トリップ・アドバイザーでもなかなかの高評価、期待大です!


入口。
あ、また雨粒がレンズに・・^^;
なんとも可愛らしい。

お店の外観は食後撮影したのですが、
小雨がポツポツ降りだし、またしてもレンズに雨粒が・・( ̄▽ ̄;)
(見づらくてスミマセン。。)
間口も狭ければ、お店の中もこじんまりしていて、1Fはほぼカウンター席のみ。
2Fがテーブル席になっておりまして、私もお店に入るや2Fへ〜と案内されました。


セットメニューが2種類。
13ユーロのセットと、
17ユーロのセット。
こっちにしてみよう!
2コースのメニューを
それぞれから選ぶシステム。

事前に調べたところによると、山うずらの煮込みトレドの郷土料理だそうで、
それがメニューにあった17ユーロのコースをお願いしてみました♪
(英語メニュー有り)

コーラライトとお通し? パプリカとカニのクロスティーニ。
美味であります!
パンはほどほどに。。

お通し的な感じで登場したカニのクロスティーニが早速美味しくって、
お料理が待ちきれませぬ〜(*^o^)


1皿目は、玉子とマッシュルームを炒めて形成し、
カリカリベーコンを乗せたモノ。
絶品!
2皿目は、山ウズラの煮込みトレド風。
お肉がホロリと外れる柔らかさ〜
シメのカフェコンレチェ。
こちらは少々不思議なお味だったような。。^^;

1皿目の肉厚で弾力があってあまり食べたことないような食感のキノコは、
ベーコンの塩気も程よく、なんと玉子と合うことか〜
2皿目のウズラは骨付きで面倒かもと思いきや、フォークでホロリと外れる柔らかさ(@o@i)
素朴でシンプルな味付けなんだけれど、じんわり深くて旨味たっぷり。
そんなお料理にホッと安らぐランチタイムでありました。
お店が狭いということもありますが、お客さんがひっきりなしなのも納得です。
ごちそうさまでしたー



霧雨のような雨が降る中、トレド散策再開。


雰囲気ある路地〜 壁の絵といい、鳥の看板といい、
特徴的すぎるぅ。
ポスト・・かな??

トレドに来て以来、すっかり路地のトリコになったようで(n_n;)、
整理しきれない程の写真を撮っているのでした。。




Back
この旅行記
TOP

鋭意作成中〜