HOME | TRAVEL TOP | HOTEL TOP | この旅行記TOP




2018年11月 ストラスブール&ミュンヘン旅行記

35 テアティナー教会



カフェ・ルイポルトを出ると、街は薄暗くなりつつありました。
(ホント、日が短いこの季節^^;)

ルイポルトと同じ建物にあるお店。
高級ブティックが並んでます。
まぁ、街中でも道路が広いこと。

ルイポルトからすぐのオデオン広場に到着。
ここには、レジデンツをはじめとする観光スポットが集まっています。


レジデンツ(王宮)の入口。 一部工事中みたいです。
将軍堂。 レジデンツの一部。

レジデンツはそれはそれは絢爛豪華なヴィッテルスバッハ家の居城で、
かなりじっくり内部見学ができるようになっています。
以前、2時間以上かけて見学したなぁ。。



今回は行っていないスポットを巡ることがテーマのひとつでありますので、
レジデンツのお向いのこちらが目的です。
『テアティナー教会』
ヴィッテルスバッハ家マクシミリアン1世のお孫さんの誕生を祝って、
17世紀に建てられたとか。
レジデンツの真ん前ですものね。


黄色の壁とツインタワーが美しい。 ヴィッテルスバッハ家の紋章ですかね。 正面向かって右側の扉から入ります。

内部はイタリアのバロック建築、ファサードは18世紀に入ってからロココ調に仕上げられたそう。
イエローの壁が非常に印象的な外観はミュンヘンの教会の中でも有数の美しさと言われています。
ここ、入ってみたかったんです。


内部は真っ白。 中央祭壇。
天井のドーム部分。
祭壇画も周りの装飾も
繊細です。
ロウソク台と祭壇。

外が暗くなってから入ってしまった為、内部の白さがわかりづらいのですが、
外観のイメージとは全く異なる、真っ白の壁と柱、天井に囲まれた静かなる世界。
しばし座ってこの空気に包まれておりました。




Back
この旅行記
TOP

鋭意作成中〜