HOME | TRAVEL TOP | HOTEL TOP | この旅行記TOP



2018年7月 ロンドン旅行記

05 Hilton London Tower Bridge

お部屋の様子   ラウンジ朝ごはん




お世話になるのは、
『Hilton London Tower Bridge』
最寄り駅はロンドン・ブリッジで、ホテル名はタワー・ブリッジ。笑
二つの橋の真ん中辺りにあるホテルです。

外観。 入口。

高いとは聞いていたのですが、ロンドンのホテルはやはりお高く、
ここはヒルトン会員のPoints&Moneyオプションを使って少しばかり出費をセーブしました。



午前中の到着でしたが、お部屋の用意ができているとのことで、
キーをいただきお部屋へ♪
深夜便を使って到着した身には、お部屋でのこのひと息がとても助かるんですよね〜


ドア、オープン! 温かみのある色合いです。

キング・デラックス・プラスというルームタイプで予約しました。

キングサイズベッド。 ベッド横のシングルソファーとテーブル。 丸型デスクとテレビなど。
必要なものはここに集まっています。 丸型のデスクの奥にはコンセント。 たくさんの口が出ていて便利です。
ロンドンのプラグは「BF」タイプ。
棚の上には無料のお水が2本。
毎日補充されました。

テレビの下のチェストを開けると、、

冷蔵庫とホットドリンクセット。
冷蔵庫は買ったものを冷やすスペース有り☆
お部屋で紅茶が飲めますよー 何種類かのトワイニングとインスタントコーヒーが。

ちょうど家にもトワイニングのアールグレイがあるんだった。
日本で買うトワイニングとの違いはあるのでしょうか??
飲んでみるのが楽しみです♪


入口を見たところ。 クローゼット。
クローゼットの棚には金庫。
ドライヤーもここにあります。
アイロン&アイロン台完備。

続いて、バスルーム。

シックでいい感じ。 可動式のハンドシャワーが嬉しい。 トイレは普通。笑

バスタブの半分だけ仕切りがあるこのタイプ。
ヨーロッパではスタンダードなんでしょうかね。
なぜ全部を閉じない!?と思っちゃいますが、
たいがいこのタイプで、たいがい床が無事では済みません(^_^;)


洗面台。 洒落たシンクがついてます。
バスアメニティはアメリカのヒルトンと同じもの。 いい香りの石鹸。

立地もいいし、快適に過ごせそうなお部屋で安心しました。
でも、観光に忙しくってお部屋滞在時間は少なそうです。



と思ったら、ヒルトン会員の特典で、ラウンジアクセスを付けて下さいまして、
ホテルに帰る理由が大いにできてしまいました(^_^;)


ルームキーとラウンジの案内。 せっかくですので、それぞれ利用したいな〜
ふむふむ、これがラウンジですか。 このようなものが並ぶそうです。

11時まで朝ごはんタイムということは、まだやっている!
下見を兼ねて覗いてみましょ〜♪




Back
この旅行記
TOP

Next