HOME | TRAVEL TOP | HOTEL TOP | この旅行記TOP



2018年7月 ロンドン旅行記

13 ラウンジ〈Canape&Drinks〉

お部屋の様子   ラウンジ朝ごはん   ラウンジ夜   レストラン朝ごはん




バラ・マーケツトからホテルまでは歩いて10分程の距離。
途中、朝降り立ったロンドン・ブリッジ駅を通過します。

ロンドン・ブリッジ駅の建物。

ショッピング・モールの「Hay's Galleria」をまたまた覗いたり。

解放感いっぱいの造りです。 噴水の中のオブジェ。

建物を眺めただけでお店には入っていないんですけどね。。
雰囲気がとても気に入りました。



ホテルがある同じ敷地内にはオフィスビルが多く、
スーパーやカフェも充実しております。

コンパクトなスーパー、M&S Simply Food ベーカリーカフェのEAT.

M&S(Marks&Spencer)のコンビニ版になるのでしょうか。
名前の通り、食品だけを扱うスーパーとコンビニの間のようなお店がホテルの目の前にあり、
行くのを楽しみにしておりました。
後ほど改めて立ち寄ることにいたしましょ。



お部屋に戻ってひと休み。

お部屋の紅茶とおやつ。
このおやつはどうしたんだったか。。
先ほど買った、Rodda'sの
クロテッドクリームショートブレッド。

ショートブレッドはですね、この後何か所かで購入することになるのですが、
帰国後食べ比べとばかりにいただきまして、しっとりホロホロでこれが本場なのか〜というお味。
Rodda'sのが一番ボリューム感があり甘みも強めでありました。
おかげでちびちびと食べることになり、案外湿気ることなく長く楽しめちゃいました(^-^)



バラ・マーケットであえて食べず、やや急ぎ足で帰ってきた訳は、、
ラウンジCanape&Drinks(18〜21時)に参加したかったから♪
・・Afternoon Teaの時間には間に合わなかったんです(n_n;)


パンにチーズ。 カナッペに小分けのお料理。 クリーム系のスープとイカリングフライ。
スティック野菜やサラダ。 ウッホ〜♪
スコーンとボウル一杯のクロテッドクリーム☆
フルーツジュースとフレーバーウォーター。 紅茶はトワイニングのティーバッグ。

当然のことながら、朝ご飯を食べた最上階のラウンジ行ったわけですが、
スタッフさんから、「今日は貸切りパーティーがあるので下に移動しましたー」と。
何やら特設会場のような場所にラウンジ機能が丸ごとお引越ししておりました。
The Shardを見ながら寛ぎたかったけれど、ま、まぁいいでしょう(^_^;)


温かいスープやイカリングが嬉しい!
ブルーチーズ最高〜
メインと言ってもいい、スコーン♪

専門店ではないしとあまり期待せずにいただいたスコーンがものすごく美味しくてびっくり!
焼き立てではないと思いますが、表面のサクッとした食感はフレッシュさがあるし、中は程よくホロっと。
更に、好きなだけ乗せられるたっぷりクロテッドクリームは、日本では味わえない贅沢さ☆
おまけにジャムの甘味がクセになる!
これまでジャムなしでスコーンを食べていた私は激しく後悔したのでした。
ごちそうさまでしたー



Back
この旅行記
TOP

Next