HOME | TRAVEL TOP | HOTEL TOP | この旅行記TOP



2018年7月 ロンドン旅行記

27 Conrad London St. James

お部屋の様子   朝ごはん@




フォートナム&メイソン最寄りのGreen Park駅からVictoria LineでVictoria駅へ。
Circle Lineに乗り換え、ホテル最寄りのSt.James Park駅まで地下鉄で戻って参りました。



今日から2泊お世話になるのは、
『Conrad London St.James』
セントジェームズ・パークに近く、セントジェームズ・パーク駅に至っては目の前という、
地下鉄移動にはとっても便利な立地であります。

ややこじんまりした外観。
※写真は昼間に撮影
建物自体は古そうです。

古い建物を改装したと思われるコンラッドは一見地味な印象ですが、内装は明るくてキレイ。
まだ新しいホテルなのではないでしょうかね。



レセプションでキーを受取ったら、荷物はお部屋に入れてまーす。とのことで、
そのままお部屋へ。

ドア、オープン!
正面はバスルームへの扉。
L字の廊下を曲がって奥へ。 キングサイズベッド。
寝心地がよかった〜

廊下が広めに取ってあり、ゆったりしたレイアウトです。

ベッドの前はテレビが埋め込まれた壁。 ここにモニターが埋め込まれてます。 窓側から見た所。
コーナーのシングルソファ。 ターンダウンされていました。
ベッドサイドに無料のお水。
テスクはガラステーブル。
前面の壁にコンセントの口有り。
ウエルカムフルーツ。
なんか可愛らしいです^^
壁いっぱいに造られた
クローゼット。
たっぷり入りそうです。
棚には電気ポットや金庫など。
クローゼット前の広々廊下。

クローゼットの右側はミニバーコーナー。

カプセル式コーヒーマシン。 買ってきたものも冷やせる冷蔵庫。 カプセルとティーバッグは無料です。
紅茶はトワイニングでした。

続きまして、バスルーム。

突き当りの扉、左がシャワーブースで
右がトイレ。
洗面台は、スペース広めでイイ感じ。 洗面台の下のスツール。
バスタブ。 バスアメニティはなんと、
香港の「Shanghai Tang」
ShanghaiTangが揃ってます。 ティシュペーパーアートっていうんでしょうか。
もったいないから、しなくていいんですけどね^^;
洗面台下のスツールに
更にアメニティが色々と入ってます。
ハンドタイプとレインシャワーが
便利なシャワーブース。
トイレには、 窓があってとても明るい!
ラン(ですよね?)があしらわれたルームキー。

お部屋は416号室で、日本でいう5階になります。
今日はもう暗いので、窓からの景色は明朝のお楽しみといたしましょ。
清潔で使いやすそうでよいです〜



お部屋で寛ぐひと時も楽しみのひとつ♪
フォートナム&メイソンでお持ち帰りにしてもらったスイーツの残りと共にティータイム。
(よ、夜なのに・・^^;)

グリーンティーにしてみよっと。 こんなカワイイボックスに入れて下さいました。
レモンカードとジャムも持ち帰り可。

持ち帰り用のボックスまでもが心躍るデザインだなんてニクイぞ〜
スタッフの皆さんも非常に礼儀正しく親切でしたし、王室御用達に抜かりなし!
ただですね、サンドウィッチやスコーンの美味しさに比べスイーツは、、
普通、、と言いますか甘かった。。(n_n;)
それを差し引いても充分満足なんですけども、いつかセイボリータイプも食べてみたいなぁ。



ロンドン旅
2日目終了
おやすみなさーい。




Back
この旅行記
TOP

Next